Blogと生活 

モノが捨てられない|モノには帰る場所がある

この記事は約4分で読めます。
eyecatch-imag

季節の変わり目になると「すっきり」したくなる気持ちは、心理学でも証明されているように

「人の心がざわつくから」と言われていますね。

整理整頓はこころの中のモヤモヤまでスッキリさせてくれる、最高のセルフメンテナンス。

ELLE
ELLE

分かっているけど掃除ってめんどう

そうなの。掃除はめんどくさい。

「気力」があるうちに手をつけておくのがベスト!

年齢が上がれば「過去」が増えます。モノも自然と増える。

だから、今日がはじめどきです。

時間がかかるし、やり始めのスタートラインって遠いかもしれません。

でも「ほんの少しの行動」でそれが変わると感じています。

終活を始めて一年が経ち「片づけ」が完全に身についた体験から「ポイント」を紹介します。

おそうじ本舗

目標を持つ

目標を持って細かく期間を設けてみると、張り合いがでますね。

いつか、ではなく〇日までと具体的に「自分を少し追い込んで」やってみましょう。

まるでダイエットのように「明日から」と先延ばししている事に、なんのメリットもないからです。

まずは衣類から

まず洋服の見直しからするのが、一番メンタルに良いと思います。

季節の変わり目の「さきどりファッション」はステキですが、それを「整理の後」にしてみると無駄がないですよね。

何となく洋服を買って家に帰ったら「似たようなもの」があった・・こんな心当たりはないですか?
過去の私へ、フォントを大にして残したいこのコトバ。

買い物をするときは「覚悟」を持つ、と意識して処分してみてください。必要のないものは自然と手から離れていきますよ。

大物に挑戦

家の中で、一番気になる「大きな」ものはなんですか?おそらく「収納」ではないでしょうか。その収納スペースが整えば、おのずと整理されていくはず。

整理整頓は「おおもの」から手を付けるのもおススメです。タンスや机など「そこにあるから」と言う理由で「置いてあるだけ」のものなら、処分した方がスッキリしますね。

小物や想い出が詰まった持ち物は「もっとゆっくり時間をかけて」やりたい分、さよならが難しい。

懐かしさが邪魔をするの

まずは、衣類から挑戦して「心と体」を慣らしたら、次は大物の整理整頓に移りましょう。

手放して良かったもの

33年前の嫁入り支度に揃えてもらった「大きな洋タンス」が2本あったのですが、思い切って処分しました。

中にあった洋服も一掃できて、心底スッキリ。

入っていた洋服は

❶一年に一度着る程度のもの(形が古くリメイクもできない)

❷「高かったから」着てないのに捨てられない洋服

がほとんど。
メルカリで売ったり、欲しい人にあげてしまえば、心も痛まないですよ。

着なくなった洋服を持っているのは、半分「執着」に似た感情で囚われていたのだ!と捨てた後、気付きました。

でも、心は痛みましたよ。ずっと寄り添ってきた家具ですが、モノの価値は変わるものだと「ごめんね」してから、さようならしました。

モノが帰る場所

モノを捨てたら、その後はひたすら収納。

モノには帰る場所があって、その「場所」がないから散らかってしまう。

このイメージを徹底的にすりこんでいきましょう

次に、迷ってしまう程度の物は「一時的」な避難場所を、必ず「一か所」にまとめておく。いくつも作らず、ひとつだけ箱を用意して「ちょっと考え中」のモノたちを集合させる。

収納を徹底すると「同じものが何個もある」状態から卒業できます。これは経済的ですね。
例えば「ゴミ箱」は家に一個で十分。各部屋に置く必要はありません。
ゴミの帰る場所をひとつにすれば、ゴミ出しの手間も一回でOK。

まとめ

まだまだ、部屋を快適に過ごすには至らない我が家ですが、一年前に思い切って大掛かりな片づけをしてから「現状キープ」できたのは、モノへの執着も一緒に処分できたからだと思います。

お買い物はとても楽しいけれど「ストレス発散」の為するものではなかったと、やっと気づく事が出来たのも大きな成果でした。

モノが捨てられなかったのは「過去の自分への執着」だと、他の誰でもない、過去の自分が教えてくれました。

「片づけ」はメンタルに効く行動ですね。

他にも「プロ」にお願いするのも「アリ」だと思いますが、まずは自力で頑張ってみましょう!

【お掃除マスター】

コメント