終活をはじめよう

部屋の片付け【終活の基本】捨てたくないなら「売る」が正解

この記事は約5分で読めます。

バブル世代ど真ん中の頃、結婚しました。

老いも若きも みんな高飛車だったわ

夫の給料10万・家賃6万で過ごした新婚生活。

でも何とかなるもので、三姉妹を育て上げ、現在は夫婦二人と5匹の猫たちと暮らしています。

今まで
「モノ」に囲まれて暮らす事が豊かだと思い込んでいたのですが、

時代と共にその価値観に変化が。

「欲しい欲しい病」だった青春時代を過ごしてきた「50代」の方へ。

部屋をスッキリさせたいけど「いつかやろう」に効く「発想の転換」を見つけました。

断捨離したいけど「もったいない」が勝ってしまう

なぜ「捨てられないか」

それは「もったいない」から

戦後の日本を支えてきた世代は「無いことが当然」

一度手にしたモノは「生涯」大切に使うのが「当たり前」。

着物は「知恵」日本人の知恵の集大成ですよね。


この日本の「もったいない」と言う「美学」は今も根強く私たちに残っています。

私もその一人。

「なぜ」片づけられないのかを理解する

「消費」こそ「活力」だから「働いた」のです。

でも、「消費」して「モノが増え」ればどんどんモノは増えパンクする。

一歩間違えれば「ゴミ屋敷」になりうる。

「欲しい」と「もったいない」=「捨てられない」

以前書いた、多頭飼育崩壊の原因にも似ていると感じています。

すごく欲しくて大切なのに、手に負えなくなってしまう状態ですね。

最初の一歩はイメトレ

買う時「買った後」をリアルにイメージする→これが最初の一歩になります。

こんな事、当然ですがリアルにイメージする発想がとても役に立つと思います。

例えば

片付けたい時にまず思いつく「収納」の為の買い物をしようとします。

ここでリアルにイメージ。

収納するためにまた「消費」する事をしっかり想像します。

そうです。

片づけるのに、またモノを増やそうとしているから。

私はここで失敗してきました。

「安価に買える収納用品」

こそ、とても危険

例え100円でもモノは増えます。

これは「必要?」しっかり悩み、イメージする事がなにより大切。

イメージのお供にはこれ

理想の「こうしたい!」を探す方法は、リアルよりも「ネットの検索」が近道です。

理由

❶より具体的な理想の形がみえるから

❷店頭での「何となく買い」をなくせるから

無駄なモノはいらない。必要なモノだけ手元に置く事が鉄則。


私がよく見ているのはピンタレスト。

海外の写真も多く、写真がメインなので「直感的」に探せます。

「これだ!」に巡り合えたら、それに寄せて動くだけ。
ぜんぶ「真似」するより「寄せる」事が大切。

一度「スッキリ」すると「見極める力」が育ちます。

例えば「安い」から買うのではなく「必要」だから買うに変わっていきます。

スッキリの第一歩が何よりも重要です。

【古着買取王国】

終活世代、断捨離に成功!

2020年の春、洋タンスを一本処分しました。
決断と勢いで始めた最初の一歩は、結果大成功でした。

cleaning.image
この場所に大型タンスがありました。

洋服って「思い出のカタマリ」なんですよね。

特に「高価」だったものはなおさらです。

これ高かったから捨てられない!

でも、もう「サイズアウト」しているモノや「年齢にあらがえないもの」もたくさん。

まず、思いきり中身を全部出しました。

「処分」と「売却」に分けて、実行。

大きなものから処分していく事がいかに大切か。


「自分で自分の背中を大きく押せたな~」そう感じています。

たんすに眠っている着物はありませんか?着物買取専門

私には不用品でも欲しいと思っている人がいるのね!

モノと向き合う事で、心が軽くなる

実際に「片づけたい」と思い、手に取ると「思い出」が吹き出してきます。

自分の周りにいてくれた「大切なもの」がこんなにもたくさんあったのか・・
「ありがとう」という気持ちが生まれます。

ずっとそばにいてくれた「愛おしい思い出たち」は手放すには「時間」も「勇気」も必要ですね。

ディズニーグッズの買取専門 ディズニー館

反対に
「ストレス解消」の為に買ったな・・と「買ったこと」に後悔も。

この「モノと向き合う」気持ちは思った以上に、頭と心を使うのです。

だから「勢い」が大切なのですが「後悔」はもうしたくない。

だから
「もったいない」から「しまっておこう」と逃げないで
「もったいない」から「使おう」にする。

誰かに使ってもらう、でもいいですよね。

モノに向き合うと
自分の過去と向き合うから、自然と前に進める。

ELLE
ELLE

こんなの売れるの

猫と暮らして得たスッキリ体験


DIYやソーイングが好きなら

断捨離する前に「リメイク」を考える楽しみがあります。

リメイクした「キャットタワー」

断捨離を始めた頃に出会った野良猫たち。

猫たちに出会わなかったら、こんなに断捨離もリメイクDIYも進まなかったと思います。

猫たちと暮らせば、今までにない「工夫」が必要。
猫たちが快適に暮らせるように
「モノ」と向き合い「工夫」しながら、家を片付ける。

こんな方程式が出来上がってから2年が経ちました。

決してオシャレな家ではないけれど、ずっと見ていられる
大好きな家に近づけました。

コメント