終活をはじめよう

老眼コンタクトの失敗話|10年間老眼でさまよった結果

この記事は約2分で読めます。

老いは「眼」からと言うけれど、ホントでした。

何だか手元が見えずらい・・と感じ始めたのは40歳の頃。視野がぼやけて、少し焦点を離すと見えてくるな・・と誤魔化す事、数年。症状は人によって違いますが、戸惑った頃の感想をまとめてみました。

そもそも

老眼って?よく眼のいい人ほど、老眼が「早く進む」と言いますが、正確には「老眼が進んでいる事を、早く気付きやすい」と眼科の先生に言われました。日常生活で、「見えない」感覚がないからですよね。年を重ねれば人は、老眼になります。「メガネ」か「コンタクトレンズ」にする。この二択なのだと思います。(外科的なものは省きます)

メガネ

オシャレなものが多くテンションがあがりますね。でも鼻の上に跡が付き、夏場は特にすべります。かけ慣れないから違和感もあるし、常にかけていないと「メガネどこいった?」と頭にかかっているのに誰かに聞いてしまうコントのよう。

種類

  • 老眼鏡メガネ
  • 中近両用メガネ
  • 遠近両用メガネ

この3種類

私はまだ度数1.0の頃、お安く買えるメガネ屋さんで2本購入しましたが、その後、それでは物足りなくなり度数2.0になった頃、ある程度しっかり相談に乗ってくれるお店へ行きました。「老眼鏡をしたままで歩きたい」からです。そこでは「遠近」ではなく「中近」がよいと薦められ試着。私のように「遠くは良く見えても、老眼が進んでいる人」は、中近を選ぶとよいです。多少のゆがみはありますが出歩けるようになりました。

コンタクト

化粧がしやすい。メガネの煩わしさは無く上手に入れば、装着感も感じない。ですが、メガネに比べて手入れや、定期的な眼科受診が必要。メガネと比べると上級者向けといったところでしょうか。こちらは、遠近両用レンズのみのようですね。すべては「慣れ」なのでもっと頑張れば良かったのですが、私には合いませんでした。でも、一度やってみたかったウレシ恥かしコンタクトの体験が出来て良かったです。

失敗した事

メガネで眼を馴らしてから、コンタクトレンズにするべきでした。私の視力は裸眼両目1・0。コンタクトはおろか、眼鏡も人生初だと言うのに無謀な挑戦をした結果、ひどい頭痛に悩みました。メガネにも慣れていないのに「いきなりコンタクト」は本当にキツイ。ハードルが高すぎました。

まとめ

必要な時だけで済むうちは、老眼鏡でも十分ですね。そのうち、かけたり外したりするのが面倒に感じたり、より強い度を求め始めたら、中近や遠近の方を選んで「かけっぱなし」でも良い付き合い方にすると良いと思います。今、愛用しているメガネはデザインと軽さにひかれて作ったものです。快適さプラスデザイン性を追求した「納得」のメガネを見つけたいですね。

コメント