猫から学ぶ猫と暮らす

猫と暮らす|彼らが さらに愛おしくなるおススメの本2冊

CAT book-image猫から学ぶ
この記事は約3分で読めます。

3匹の猫たちと暮らし始めて間もない著者ですが、最近「猫」とつく物につい、反応してしまいます。先日、大好きな作家「唯川恵」さんの「みちづれの猫」を手に取りました。唯川 恵さん、大好きで「ベター・ハーフ」は何度読んだか、記憶にないくらいです。

花村萬月も石田衣良も大好き

さらにもう一冊、猫の本と言ったら「殿堂入り」の「100万回生きたねこ」について語ります。

みちづれの猫

あらすじ

「みちづれの猫」この本は、ショートストーリー7話で、すべての話しに「猫がどこかに出てくる」と言う保証付き、裏切りません。どんな猫が出てくるのかなと、まず楽しみになります。

短編集になっているので、寝る前のスマホ習慣をこの本に変えるには、ちょうどいい加減の長さでした。場面転換が忙しいので、脳内劇場はけっこうバタバタ。良い夢をみました。

ねこに依存中ね

年齢の違う主人公はみんな「女性」。猫の持つ独特の存在感が、人間の「ああ、そこ、そこ」と言うツボを狙っていて、さらに日常の中の猫の描き方が、ものすごくリアルに感じるんです。猫のしぐさや毛の先まで揺れるように想像できます。具体的な猫の描写はあまりないのに。不思議です。

感想

1話目と7話目が一番しびれました。老眼鏡が曇るほど泣いたので、その後はぐったり。「猫のいない生活は考えられない」と語る7つ目の物語の主人公の言葉に、読みながら何度もうなずいてしまいました。私は、まだ猫たちに「さよなら」を言ったことはありません。見送った事もない。悲しさは想像のみ。この本を読み終えて「猫と一生を共にして良かった」と絶対に思えるんだろうな、と言う自信が沸きました。それまで、ちょっとずつ噛みしめながら、猫たちの甘い干し草のかおりを味わいたいと思っています。

みちづれの猫

「100万回生きたねこ」

まず、大人が絵本を読むとき、頭を空っぽにする事からはじめたいですね。邪念を払って読みたい。ですが、どちらかと言うと大人向けの絵本かなと感じる「100万回生きたねこ」。言わずと知れたベストセラーです。猫と暮らしはじめた今、読んでみると違った感情が沸いてきました。100万回生まれ変わった猫のお話なのですが、物語の本質が見えてきたんです。

あらすじ

自分の事が一番好きで、他に興味を示さない主人公の猫は「自分が死んでも」絶対に泣かない「自己愛の塊」。それを100万回繰り返しながら生きてきました。生まれ変わり100万回目にして初めて飼い主のいない「野良猫」として生まれ「自分以外を愛する事」に目覚める。
「愛されていた」飼い猫から、ツンデレなメス猫に想いを寄せる「愛したい」野良猫に変わっていきます。そして、初めて愛したメス猫の死によって、初めて涙するのです。それから彼は、もう二度と生まれ変わる事はなかった、というお話です。

感想

少し前まで「たくましく生きている猫」の話しだなとしか感じていなかった、この絵本「100万回生きたねこ」は、自分の為に生きるか、人の為に生きるか、どちらが幸せ?かと聞かれている気がしました。つまり、何が幸せかはとてもシンプルだと言う事ですね。

自分を愛する人。人を愛する人。
どちらも、確かな幸せがある。

野良猫でも家猫でもそれを「不幸だ」「かわいそうだ」と区別する事はとても傲慢な考えで、どちらもきっと幸せなのでしょうね。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

まとめ

私が3匹の猫たちを家猫にしたのも、彼らが可愛そうだと思ったからではありません。私が、どうしても「一緒に生きて欲しかった」からです。そんな人間の勝手な欲求に付き合ってくれている3匹が、もし私より先に旅立っても、私を待っていてくれる。だから丁寧に、毎日を生きて行こうと感じさせてくれた2冊でした。

コメント