猫と暮らす

ペット臭と女性の加齢臭|どちらも上手に付き合いたい

猫と暮らす
この記事は約5分で読めます。
ELLE
ELLE

外で生まれ育った母猫なの。

LEO
LEO

長男ってつらいよね。

LATTE
LATTE

次男って顔しているでそ?

こんにちは。

今日は、5匹の猫たちと暮らす50代主婦がデオドラントのレビューをします。

❶ペットを飼っている
❷自分の臭いが嫌いだ

こんな方はぜひ最後まで読んでくださいね。


女にも「加齢臭がある事」をしってから早10年が経過。


「おやじくさい」

があれば

「おばさんくさい」

もありますねぇ。

活字だとソフトに感じるわぁ

むかし加齢臭と言えば「おじさん」だけにあてはまる事だと思い込み、馬鹿にしていたのが懐かしい。

自分の臭いって自分がよく知っているようで、気付かないかもしれませんね。

だからこそ「あれ?もしかして私、くさい?」とびくびくしてしまいます。

まずは原因を知ろう

加齢臭は「古本」や「枯れ葉」もしくは「古い油」にたとえられますね。
このパンチの効いた「老化」な言葉たち。

耳の後ろからにおってくるあれね?うふふ

でも「知る事」で得られる「スッキリ感」は、油ギトギトだった「若かりし頃」には味わえなかったかも。

知れば何かが変わるかも

もうこれは・・調べて向き合うしかありませんね。

ちょっと面倒でも、知っておくべき!

キーワードは
「汗」「皮脂」「ホルモン」

その名も「ノネナール」


皮膚の上で「活性酸素」が皮脂を酸化させ発生される成分です。


原因はこれ。

女性ホルモンは「活性酸素」を抑えてくれる働きがあるので、お年頃になれば「女性ホルモン」が減ってしまう。

だから、ノネナールが出やすくなるのですね。

ホルモンさん。

やはりとても大切なのです。

臭いを消そう

汗臭ゼロならラビリン

まずは、デオドラント系で攻めてみました。
私はこれ。


送料無料【ラヴィリン2個までメール便発送】Lavilin ラヴィリン アンダーアームクリーム(わき用)12.5g★

もう何個リピートしたか、記憶にないです。

色々種類があり、部位によって使い分けられます。

私はいつも「わき用」を愛用しています。

ドラックストアで販売されているモノの「何倍」も効いて「長持ち」しますよ。

肌に優しいのもポイント。

しかも、コスパがよい。

かなりの消臭力なので「ん?」と感じたらすぐに使えるように常備しています。


一見、お高いですがつけるのは耳かきいっぱい程度でOK

1週間は効果が持続。楽です。

徹底的に「体臭を止める」ならこちらが一番効きました。

肌にも優しいので、安心して使っています。

コスパ最強ミョウバン

制汗剤に使われている「原材料」ミョウバンを入浴剤として「直接」湯船に入れています。


ミョウバンには殺菌効果もあるので、背中ニキビに「希釈したミョウバン」をスプレーする方法もあるようです。

私は長い事、乾癬をわずらっているのですが、

ミョウバンをお風呂に入れて入るようになってから、ステロイド系はもちろん、乾癬用のビタミンD3外用薬も使わず過ごせるようになりました。

お財布に優しいので、ぜひ試してみてください。

夏場でもお風呂派の方の「入浴剤」としても優秀です。

生ミョウバン 900g 粉 ミョウバン水 ミョウバンスプレー 消臭に最適 送料無料価格:820円
(2021/7/10 16:33時点)
感想(11件)

しっかり食物繊維を摂る

食べ物が変わると、体臭が変わる。

これ、実体験です。

年齢と共に「肉食」から「菜食」になっているのですが、それでもにおう事があります。

食べ物より、ホルモンさんのパワーが勝っている証拠かもしれません。

でも、基本的には「食物繊維」をたくさんとって「腸内環境」を整えるのが一番効果的だと感じます。

「臭いが悪化する食べ物」と出ている食べ物は、たくさんありますがニンニクも食べたいし激辛料理が食べたい時があります。

我慢する事無く、食べるには「しっかり出す事」が大切というわけですね。

ペットの臭いも癒しだけど

Cat-imag

ペットを飼っている家なら、多少なりとも「家のにおい」に悩んだことがあるはずです。


そのために、毎日かかさず、掃除をして徹底的に「臭いの元を絶つ」努力をしますが、梅雨時などは悩みのタネです。

でも、匂いに敏感な猫に「不快な香り」を嗅がせてしまったり、匂いでごまかしたりしたくない。

脱臭機や換気に加えて置き型の消臭剤があります。

サンメイト 生きてる消臭剤 バクテリン お部屋用 ミントの香り(160g)【サンメイト】価格:515円
(2021/7/10 17:09時点)
感想(0件)

猫の独特のにおいも、ある意味気分転換になる「癒し」の極み。

生活を整えると同じように、メンタルを整えると「臭い」との付き合い方もうまくいきそうですね。

ペットの臭いも気になる。

脱臭機選びのポイント|ペットの臭いに効果的なオゾン
猫の気になる臭いの対策にオゾン脱臭機を使...続きはこちら

猫のトイレについて調べる

猫のトイレ比較|嫌いより好きを優先させた粗相の対策案
猫の粗相はどうしても避けられない。ならば...続きはこちら

人によって感じ方は色々

Blog-image

一度、「ん?」と思うと「気になってしまう」こんな経験があるかもしれません。

食べ物を変えたり、長風呂したり、思いきり汗をかく、洗顔料やボディソープを変える。

どんなことにも通じる「適当に」つきあっていくのも、とても大切な考え方ですね。

年齢を重ねる事はあらがえない。

自分が感じる「匂い」は他の人には「臭い」になる。

その逆もあるように、捉え方はとても個人差があって当然なのです。

もしかしたら「他人」ではなく「自分」が「自分の体臭」に不快に感じるのも、当然な気がします。

コメント