終活をはじめよう

50代夫婦|老後はどうする?リアルに想像した「未来」

この記事は約5分で読めます。

人生の折り返しを過ぎた、人生時計でいえば「おやつ」の時間な53歳。

「老後」を想像する「第一歩」の参考になればと思います。

ELLE
ELLE

想像力って大切!

最近、親の介護を経験し「ザ・老後」を目の当たりにしました。

【76歳実母が圧迫骨折】娘のわたしがやった事
50代主婦が猫と暮らしながら、自分の「終...続きはこちら

「いま」は円満だけど、どちらかが「要介護」になったら・・・

夫婦で過ごす「老後」をリアルに想像してみました。

今までは子供達中心。

今度は「自分」の事にシフトした「未来」を想像する時期にあるとしたら、心の準備をしてみたい。

これからの「老後」を真剣に考えねば!!

「気力」があるうちに考える

歳をとれば「カラダ」が思うようにならない。

これは想像できていましたが「考える力が弱る」と最近になって気付きました。

「考える事」「話し合う事」このどちらも、カラダを動かす以上に「気力」が必要。

「かんがえる」って一番めんどくさい作業なんですよね。

一日でも若いうちに「かんがえておく」事が何より大切。

やっと子育て卒業 そしてぽっかり空いた心の穴

今から3年前「子育てもひとだんらく」して、気が付けば「夫婦だけ」の生活になりました。

これからは自分たちの時間を満喫しよう

「目標達成後」の解放感に浸りながら、ぼんやり考えていましたが・・・

このまま夫婦でいられる?

ふと、そんな事も考えたりします。

ELLE
ELLE

なに?熟年離婚?

長い結婚生活。離婚を考えた事は1度や2度ではありません。

「運」が良かったのか悪かったのか33年、夫婦として生活していますが


「かなめ」「かすがい」だった子供達もいないとなれば、これからの「老後」を具体的に想像するようになる時期が来たのですね。

人生の見つめなおし、終活にも直結します。

子供たちを見送ったらその後「夫婦」でどう生きていくか。

しっかり計画をたてていけば「ぽっかり空いた穴」もきっとふさがるはず!

50代の夫婦は初老?

若い頃はまったく想像していなかった「老人になる事」も、50代になると嫌でも想像するようになります。

30歳になった時は「やっと大人になれた」ような気がして。

40歳は「冷静」な自分を見つけ受け止めるられるようになり。

50歳は「終い支度をはじめる時」なのかも。

「年齢はただの記号」なんて「意識高い系をつくりたい業界」の人は言うけれど、だからむしろ、年齢を意識したいと思うのです。

持論=「50代は初老」の入り口に立った頃であり終活初めには最適な年齢だと感じます。

「現状維持派」と「改革派」

私の周りの「40代後半から50代前半」の既婚女性で「離婚」をした人がいます。

これからの事を考え、動くなら体が動く「今」なのだと決意したそうです。

正直、理解できます。

「そのまま結婚生活」なら「現状維持」

「離婚してお互い自由」なら「改革」

どちらも「しっかり自分のこれから」を見つめなおし「かんがえて」起こした行動ですね。

結婚生活が長いから「円満」なわけじゃなく「お互いの人生をより良くしたい」と考えるなら、どちらの選択も正解なのですから。

他人であることを受け入れよう

あたり前の事ですが「夫婦」って「他人」です。

「家族」で居続ける努力をしているうちに、それをすっかり忘れてしまう。

「わたしがこうしているのに」

「どうしてわかってくれないの」

と相手を攻める事もたくさんあります。

まずはここから始める

終活の基本「片づけ」

これを夫婦でやってみるのが大切だった感じています。

「意味のあること」と意識しながら。

「ちょっと相手に気を使いながら」

片づけをしてみる。

例えば「欲しいもの」がある。

「探せばどこかにある」けれど

「めんどうだから」

「新しく買う」

を何度か繰り返していたことに気付くはず。

それと同じくらい「欲しいもの」は

気付かなかっただけ、だと感謝できるようになると思います。

コロナで見えてきた「執着しない生活」

時代の流れもあり「都会」に依存することなく「豊かさ」を求めるようになったと肌で感じています。

少し前なら「早期退職」して「田舎暮らし」を目指すのは「中年齢」の人でしたが、今は若い世代も「仕事」と「暮らし」を両立させる生き方を早い段階から考えているようですね。

私の世代でも「早期退職」

「働き方を変えた」人が増えたように思うのです。

価値観を大きく変えた経験が私のように「いのち」と寄り添う事で満たされた、と言う方も多いはず。

猫嫌いの夫婦が突然、野良猫たちと出会った一部始終
猫嫌い50代夫婦のもとにやってきた小さな...続きはこちら

バブリーから凪の世界へ

bubble

現在53歳の私は、まさにバブル世代。

「お金さえあれば」と浮かれて泳いできましたが

今は「立ち止まって」いる気がします。

「今までは良かった」を連呼する人にはなりたくない

老害の王道「自分の武勇伝」ばかり話すおばあちゃんに、なっていないだろうか。

不安になるのには理由があります。

「バブルで浮かれていた時代」を冷静に振り返ると「実は満たされていなかった」と気付いたからです。

どちらかと言うと「今までが間違っていた」事もあったよね。

と振り返りつつ

「見つめなおして」

「反省して」

「見極めたい」

だから今は穏やかに、しっかり足元を、そして時々少し先の未来を想像したいのです。

あえてキレイごとでまとめると

「お金」で買えない「何か」を見つける事こそ「豊かな老後」に繋がっていくのかもしれません。

コメント